高級賃貸に住んでいる人の職業


賃貸選びの豆知識

高級賃貸に住んでいる人の職業

高級賃貸に住んでいる人の職業 一般人にとって憧れの存在である高級賃貸住宅には、どのような職業の人が居住しているのでしょうか。
いわゆる「高級賃貸」と呼ばれる物件は、地域の相場価格よりも大幅に賃料が高額であり、都心部であれば1ヶ月の家賃が100万円を超える物件も珍しくないものです。さすがにそのクラスの賃料ともなれば、そこに居住できる人の職業は限られてくるでしょう。
通常の会社員ではとても払うことのできない賃料ですが、ある程度の大きさのある会社の役員や経営者クラスであれば十分に可能であるとも言えます。
高額な賃料を会社の経費として支払うことが可能である立場であれば、高級賃貸に住むことは難しいことではありません。
また、一般人と比較にならないほどの高額の収入がある芸能人や、有名プロスポーツ選手、有名棋士、個人開業医や国会議員なども多く見られる職業です。
収入が多いということは、それだけ守るべき資産も多いということは容易に想像できます。有名人であれば、プライバシーの保護もそれに加わります。
それらの人々が高級賃貸に済むという理由は、ステータスシンボルであるという側面もありますが、高いセキュリティを必要としていることも理由であると言えるでしょう。

企業の経費で高級賃貸に住む

企業の経費で高級賃貸に住む 高級賃貸に住む人は、会社の社長とか会社役員とか高収入で、事業に成功している人が多く住むと言われています。
会社の社長や役員であれば、会社の経費で高級賃貸に住むことも可能で、一般庶民から見れば実にうらやましいことです。
分譲ではなく、あえて賃貸を選ぶのは税法上で有利なだけでなく、移り変わりの激しい日本経済なので、会社に陰りが出れば、いつでも引っ越せる身軽さがあります。
家賃は最低でも30万円以上する賃貸物件に住むのはもったいない気もしますが、会社の経費で落とせるのであれば、会社が支払う法人税も減額できることになります。
毎日が忙しい実業家や会社の幹部が自宅に帰ってタワーマンションから夜景を見渡してくつろげば、明日への仕事の活力が培われるのでしょう。
メンタルヘルスの面から見ても、高級賃貸に住むことは無駄ではないのです。好立地でデザイン性にも優れた高級賃貸で快適な暮らしができれば、仕事も踏ん張りがきくのです。
都心でも供給が増えており、社長や役員以外の社員もいつかは住みたいと希望膨らませることで日々の仕事が充実してくるのではないでしょうか。
賃貸であれば煩わしい管理組合の制約もないので、仕事に没頭できるのです。

安江翔太の関連おすすめサイト

安江翔太のモットーが掲載されています。

安江翔太の考え方を共有することができます。




Copyright 2016 賃貸選びの豆知識 All Rights Reserved.